ITソリューション
ネットワーク製品の紹介・特徴 > |PIOLINK | サーバ負荷分散  > 10Gアプリケーション・スイッチ取扱いのご案内
10G I/F アプリケーション・スイッチ「PAS 10020」取り扱いのご案内
 
2009年04月15日
 
最上位アプリケーション・スイッチ2009/04/01 リリース!
 
pas10020.jpg
 

この度、株式会社アンペール(本社:東京新宿)では、株式会社パイオリンク(以下PIOLINK)の統合型アプリケーション・スイッチPASシリーズ(PASはPIOLINK Application Switchの略)の最上位機種、10G I/F搭載製品 PAS 10020の取り扱いを発表いたします。今回発売されたPAS 10020 は、これまでの最上位機種 PAS 8016 を超える統合型アプリケーション・スイッチのフラッグシップモデルとして、優れたコスト・パフォーマンスと安定性を実現する独自の新開発プラットフォームを提供します。従来のPASシリーズに比べ約150%の性能を誇るスイッチングボードと、新たに4個の10G SFP+ スロットを搭載。これまでのハイエンドモデルを約33%上回るスループットを実現し、尚且つ、1,200万の同時セッションをサポートするなど、高い性能を提供します。

 
 
【統合型アプリケーション・スイッチとは】
PAS 10020は、従来のPASシリーズと同様、サーバやセキュリティ製品への負荷分散機能に留まらず、VPN装置やキャッシュサーバ、プロキシサーバに対する負荷分散機能、そしてインターネット回線に対するマルチホーミング機能も1台で同時使用可能です。また、クライアントからの多量に発生するTCPコネクションを集約してサーバへの処理負荷を軽減させる、コネクションプーリング機能と、5,000TPSまたは10,000TPSのSSLアクセラレーション機能があります。
 
【ITプラットフォームのキャッシュアウト削減に】
優れたコスト・パフォーマンスとPASシリーズ共通の低消費電力、耐障害性により、キャッシュアウトを大幅に削減します。PAS 10020は同等性能の他社製品に比べて、1/2の導入、および運用コストを実現します。また、電力においては、(同)1/6と、圧倒的な低消費電力を実現し、企業のIT部門におけるグリーンITへの取り組みを継続的にサポートします。
 
 
税別標準価格 ¥9,980,000円
発売日 2009年4月1日
10G ポート  4 x 10 G SFP+ Slot
1Gポート 16 x 10/100/1000 BASE-T or 16 1000 BASE-SX SFP Slot (デュアルポート)
管理ポート 1 x RS-232 (RJ45) / 1 x 10/100BASE-T(RJ45)
SSLアクセラレータ 5,000TPS / 10,000TPS
バックプレーンスピード 128 Gbps
L4/L7スループット 8 Gbps
最大同時セッション数 12,000,000
サポートサーバ数 1024
最大VLAN数 256
筐体サイズ(WxDxH) 439 x 548 x 88 mm [ 2 U ]
重量 10.2 kg
消費電力 126w(SSLなし) 134w(SSLあり)
 

■ 本件に関するお問合せ先
アンペール
株式会社アンペール 情報機器営業部

http://it.ampere.co.jp

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-3 斉藤ビル
TEL: 03-5330-6802 FAX: 03-5330-7027

 
 

このページの一番上に戻る