ITソリューション

Netwiser SX-3550

 
 sx3550

WAF搭載ロードバランサ


1. WAF導入コストを削減

(従来の構成)WAF専用のサーバが必要       

(Netwiserの構成)1台でWAFの役割を兼任

WAF構成図

ロードバランサとWAF(※)を統合。負荷分散とアプリケーションレベルの高いセキュリティ対策を1台で実現します。WAF処理はWebサーバにかわって「Netwiser」が行うので、Webサーバに掛かる負荷を軽減できます。

※ WAFとは ⇒

  

2. SSLアクセラレータ機能(標準装備)

SSLセッションの暗号処理を最適化するSSLアクセラレータ機能を標準装備。セッション処理、複数のサーバ証明書の登録、クライアント認証など、高いセキュリティを維持しながら、Webアプリケーションのパフォーマンスを向上できます。


3.国産のハード、ソフトウェア

ロードバランサ、搭載WAFも国内メーカーによる純国産製品。設定・管理画面、マニュアル、保守サポートも日本語のため、万一のトラブル時にも迅速に復旧できます。


Netwiser SX-3550 仕様


仕様

LANインターフェース
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 10ポート

管理インターフェース

RS-232C(D-Sub 9ピン) 1ポート
スループット
800Mbps

負荷分散アルゴリズム

ラウンドロビン、重み付けラウンドロビン、最少接続数、
重み付け最少接続数、ソースIPアドレス、
プライマリ/バックアップサーバ切替(サービスレベル一定化機能)
L7スイッチング
HTTPスイッチング

セッション維持方式

サーバCookie、Cookie挿入、URLリライト、ソースIPアドレス、SSLセッションID

サーバのヘルスチェック

ping、TCPコネクション監視、UDP送達確認
AP監視:HTTP/FTP/SMTP/POP3/IMAP4/NTP/DNS/HTTPS
HTTPユーザー定義データ確認
管理機能
Web(http,https)、CLI(シリアル、telnet、SSH)、
SNMP(ポーリング応答、トラップ)


 WAF
防御機能
トラステッド・シグネチャ検査    カスタム・シグネチャ検査

付加機能

監視(モニタリング)モード、検査対象除外設定、

送信元ベースのアクセス制御、検出ページの送信

管理機能
管理者への通知 : メール
ロギング : ローカル、SYSLOG
管理インタフェース : Web GUI

 

 

諸元

定格電圧
AC100V±10% / AC200V±15%

消費電力

最大116W
発熱量
最大418kJ/h

温度条件

0 ~ 40℃
湿度条件
20 ~ 85% RH(結露しないこと)

設置方式

19インチラックマウント

外形寸法

427(W)×380(D)×44(H)mm(突起部を除く)
質量
最大6kg
適合規格 VCCI-A、RoHS
 
WAFとは?

waf

Webアプリケーションファイアウォール


Webアプリケーションの動作を把握し不正侵入を防御するサイバー攻撃に対抗する新ファイアウォール。

従来のファイヤーウォールはネットワークレベルで監視するが、WAFは、アプリケーションのレベルでの管理を行う。クロスサイトスクリプティング(xss)やSQLインジェクションなど、WEBアプリケーションの脆弱性を悪用したサイバー攻撃に対応。


資料請求、製品ご質問、キャンペーン内容、評価機貸し出し等 お気軽にお問い合わせ下さい。 

アンペール
株式会社アンペール
お問い合わせ:
TEL03-5330-6802
WEBから: お問い合わせフォームへ

このページの一番上に戻る