ITソリューション

Netwiser 機能

 

セッション維持 関連リクエストを同一サーバに

Cookie、URL、ソースIPアドレスに加え、携帯電話によるECサイトや社内の業務アプリケーションの利用時に必須となるSSLセッションIDをサポート。各情報に基づいてクライアントを識別し、セッションを維持することで、関連あるリクエストを同一サーバに振り分けることができます。

 

※Cookie挿入はSX-3750 LBのみ。
※SX-3220 LBはソースIPアドレスのみ。

セッション維持

ソースIPアドレス ソースIPアドレスを元にセッション維持を行う
SSLセッションID SSLセッションIDによりセッション維持を行う
サーバCookie 実サーバによって生成されたCookie名によりセッション維持を行う
Cookie挿入 Cookieをロードバランサで生成し、バケットに挿入することでセッション維持を行う
URLリライト 実サーバがセットしたURL内データにより、セッション維持を行う

 

バランシング

ラウンドロビン (重み付け) などの負荷分散アルゴリズムにより、クライアントからのリクエストを最適なサーバに振り分けることが可能。アクセスを分散制御することで、各Webサーバの負荷を軽減します。

 

負荷分散アルゴリズム ※1つのポリシーに対して1つのアルゴリズムを選択
ラウンドロビン
重み付けラウンドロビン
最少接続数
重み付け最少接続数
ソースIPアドレス
プライマリ / バックアップによるサーバ切り替え

 

 

障害時にメールで通知

ロードバランサ本体やサーバの障害時、予め設定したメールアドレスへsyslog出力と同様のメッセージを通知します(syslog出力レベルとメール送信レベルはそれぞれ設 定可能)。

sendmail.gif
sorryコンテンツの代理発信

ロードバランシングするサーバすべてに障害が発生し、リクエストの送出が不可能な場合、「Netwiser」が代理で応答します。

 

※エントリーモデル SX-3220LBは対応しておりません

 

  SSL機能(Option)

SSLセッションでの暗号処理を最適化するSSLアクセラレーション機能をオプションでサポート。SX-3750 LBは新規毎秒17,000セッション、SX-3640 LBHでは新規毎秒700セッションの処理、複数のサーバ証明書の登録、クライアント認証が可能。セキュリティを維持しながら、Webアプリケーションのパフォーマンス向上がはかれます。

 

※エントリーモデル SX-3220LBは対応しておりません

 

  ヘルスチェック機能
PING、TCPポートオープン、UDP、アプリケーションへのリクエスト送信によって、サーバの運用状況を監視。異常を検知するとサーバの切り離しを行います。ヘルスチェック項目は、ANDまたはORによる組み合わせが可能です。
サーバのヘルスチェック方式 ICMP:Echo Request / Echo Reply
TCP:コネクション確立
UDP:1byteデータ送信/ICMP Port Unreachableなし

AP:HTTP/ FTP/SMTP/POP3/IMAP4/NTP/

DNSHTTPS/FTPS/SMTPS/POP3S/IMAPS/LDAPS

※SX-3220 LBはHTTPS/FTPS/SMTPS/POP3S/IMAPS/LDAPSに対応していません。

 

資料請求、製品ご質問、キャンペーン内容、評価機貸し出し等 お気軽にお問い合わせ下さい。
 
アンペール
株式会社アンペール
お問い合わせ:     
TEL03-5330-6802
WEBから: お問い合わせフォームへ
 

このページの一番上に戻る