ITソリューション

SpamWatcher 特徴


メールアプライアンスサーバ SPAMWATCHER


迷惑メール、スパム、メール誤送信防止を1台で実現

独自のMTA技術による圧倒的メール処理量

標的型攻撃メールから組織を保護(APTオプション機能)


SPAMWATCHER

迷惑メール対策、情報漏洩防止などメールに関する問題を1台ですっきり解決。
ブリッジモードを備えているので導入の為の評価も簡単です。

圧倒的なメール処理量はSPAMWATCHERの誇る特長の一つです。

累計6,000万メールボックス、80億通(1ヶ月)以上のメッセージ処理実績のある、ダウテック社が独自開発したMTAは、汎用的なMTA等に比べ、高速にスパムフィルタ処理が可能です。

 

標的型攻撃メールが受信者に届く前にチェック/隔離し、不審メールをうっかりクリックする事を未然に防止します。

既存でご利用のユーザ様は、オプションライセンス投入だけで利用可能で、導入が簡単です。


※MTA=Message Transfer Agent :インターネット内でEメール配送するソフトウェア


特徴1 高検出・低誤検知の理由

SPAMWATCHERは、独自と信頼性の高い商用フィルタを併せて採用

ダウテック社独自開発と商用のフィルタを併せて採用し、安心感と信頼性を高めています。

 

ダウテック社独自のアルゴリズム“Fingerprints”フィルタ

スパムメールのURL/TEXT/HTML/IMAGEを抽出
変種のイメージスパムメールも遮断
メールの言語に依存しない検査が可能
(ベイジアンフィルタは言語依存するフィルタです)
Fingerprints


特徴2 全世界トラフィック分析 スパム/ウイルスメール遮断フィルタ

CYREN社の(Recurrent Pattern Detection)フィルタは、新種スパム/ウイルスメールも言語に関係なく数分内で遮断。

DetectionCenterに受信メールのHash値(数Byte)のみを転送。 個人情報、セキュリティ、ネットワーク負荷の問題は発生しません。

CYREN社フィルタについて

特徴3 情報漏えいの防止機能も充実

ファイル暗号化と送信ミス阻止

添付ファイルの暗号化

添付ファイルの暗号化は自動で実行。手間を省き、メール誤送信による情報漏洩防止に役立ちます。


送信メールの一時保留

送信メールの一時保留機能。
宛先入力ミスや添付ファイルのミスに気付いたユーザは、保留メールの確認、削除が可能です。


メールのフィルタリング機能

特定のキーワードを含むメールに対するルールを設定してフィルタリングすることが可能です。
フィルタされたメールをモニタリングすることで、情報漏洩を防止します。

 

特徴4 標的型攻撃メール対策

標的型攻撃メールに対する対応ポリシーで添付ファイル拡張子検査と、送信者履歴検査を行います。
不審メールと判定した場合、不審メールのお知らせを通知し、メールの添付ファイル、本文、送信元情報を

確認することにより、不正メールの送受信を未然に防止することができます。

 

標的型メール対策イメージ図

 

特徴5 豊富なラインナップ

専用アプライアンス、ソフトウェア(Linux)、仮想アプライアンス(VMウェア)にも対応します。

 

ラインナップ

 

 

ブリッジモードで導入テストも簡単

SPAMWATCHER(専用アプライアンス)は一般的に採用されているプロキシモードの他にブリッジモードにも対応。ブリッジモードを使えば、他社スパム対策製品使用中でも、環境を変更せず簡単に評価・導入が可能です。


簡単にテストが可能
 

導入実績とコストパフォーマンス

情報漏洩対策機能も強化されまさにオールインワンのメールアプライアンスであるSPAMWATCHERは他社製品のリプレイスを中心に 行政機関、教育機関、金融機関、ISP、一般企業など、900社以上の幅広い業種に納入いただいています。
加えてアンペールは保守やサポート体制も自社で構築。安心してお任せ下さい。


初年度費用はもちろん、次年度更新費用のトータルコストを考える事が、IT投資効率UPには必要です。 強力な迷惑メール遮断機能に加え、その他メールに係る必要な機能をオールインワンで提供。 スパムウォッチャーなら使用者増減都度に必要な煩わしいライセンス追加購入も不要です。(SWA A300 のライセンス形態は1-200,200-600,無制限の3タイプ)



資料請求、製品ご質問、キャンペーン内容、評価機貸し出し等 お気軽にお問い合わせ下さい。

アンペール
株式会社アンペール
お問い合わせ:     
TEL03-5330-6802
WEBから: お問い合わせフォームへ

このページの一番上に戻る