ITソリューション

セキュリティスイッチ TiFRONT 特徴

クライアントPCの前段でトラフィックを検査。独自な振る舞いを検知するセキュリティスイッチです。既存のL2スイッチ位置に設置され、DoS攻撃を遮断し、感染したゾンビPCをネットワークから隔離、ネットワークインフラを保護する役割を果たします。

 

サイバー攻撃対策概念図

サイバー攻撃対策概念図   

対策1

TiFRONT単独で検知・遮断


④ 感染した PCの接続を遮断


対策2

他の検知する製品と連動して遮断


①コアネットワークよりパケットの収集


②悪性コードの収集/分析


③TiManagerにより遮断ポリシーの伝達


④TiFRONT−セキュリティスイッチにより遮断


専用セキュリティエンジンを搭載

PIOLINKが独自開発したOS及び、危険度分析及び予測力向上に数学的統計技法Frequency Matrixを応用した専用セキュリティエンジン「TiMatrix(ティーマトリックス)」を搭載。多様化するサイバー攻撃の変化に対してもOSのアップグレードより対応できる強みを持ちます。

 

セキュリティエンジン
 

セキュリティスイッチTiFRONTの特徴

ARP spoofing防止


ARP spoofing防止


アカウント情報の搾取

LANの盗聴(IP電話の盗聴)


ポート単位で細密に判断するため、攻撃者と変造されたMAC被害者を区別、攻撃者の通信のみ遮断。


ユーザIP基盤アクセス制御

ユーザIP基盤アクセス制御


非評価端末からの悪性コード及びウィルス流入の遮断


IP/MACアドレス基盤のアクセス制御、IPリソース管理、802.1x基盤の認証、TACACS+、RADIUS等認証サーバとの連動が可能、非許可端末からの接続を制御。


サイバー攻撃からの保護


サイバー攻撃からの保護


標的型攻撃、悪性コード遮断、

各種ハッキングによる重要情報搾取を保護


持続的標的型攻撃(APT攻撃)を検知するソリューション及びIDS/IPS製品と連動することにより、攻撃を検知したら、直ちに攻撃元となるゾンビPCを遮断することが可能。 


DoS/DDoS攻撃遮断

DoS/DDoS攻撃を遮断


トラフィック過負荷による速度低下
 サービス不能を発生元で防御


DoSトラフィックをセキュリティスイッチが検知すると、自動で攻撃トラフィックのみを遮断及び解除。




資料請求、製品ご質問、評価機貸し出し等 お気軽にお問い合わせ下さい。

logo.gif
株式会社アンペール
お問い合わせ:
TEL03-5330-6802
WEBから: お問い合わせフォームへ

このページの一番上に戻る