ITソリューション

タイムモニタ TM2110

ネットワーク機器の時刻監視アプライアンス

TM2110はNTPサーバと時刻同期し、最大128台のネットワーク機器群の時刻を監視するアプライアンスです  


時刻監視アプライアンス
  

Network管理者の声を反映し開発された時刻監視装置

ネットワークに接続された機器は、導入したタイムサーバと正しく同期できているか?

監視対象の機器が多くて機器毎に同期状態を確認するのが大変 一元管理したい!

時刻誤差など、何か異常があった時に直ぐに気付ける方法はないか? ・・・


TM2110は、NTPサーバとシステム機器の時刻誤差、最後に同期をとった時刻などを監視。
設定した許容範囲を超過した時間のズレや、予定時刻に同期しない等の異常を検知し管理者に通知します。
ネットワーク機器全体の時刻を効率よく監視し安心してシステム運用を行いたいという、NTPサーバをご使用中のシステム管理者の新たなニーズを反映して誕生した時刻監視アプライアンス製品です。



 システム構成イメージ
時刻監視のシステム構成イメージ

TM2110の監視対象機器は「NTPプロトコルを処理可能」なネットワーク機器群

ネットワークタイムサーバ(弊社製、他社製)

PCサーバ(Unix系OS、Windowsサーバ)

ネットワーク機器(ルータ、スイッチなど)

ネットワーク接続機器(プリンタ複合機など)


Time Monitor 機能

TM2110の時刻同期機能

上位NTPサーバと時刻同期

Autokey、MD5認証機能


時刻情報監視機能

生存監視

時刻誤差監視

遅延時間監視 パケットの伝送遅延が許容範囲内かをチェック

最終時刻取得監視

同期状態確認 上位NTPサーバと正常に同期出来ているかどうか

うるう秒指示子のチェック 


統計情報管理機能
統計情報管理機能画面

- 時刻誤差グラフ表示


- 統計情報ダウンロード機能

監視端末毎にオフセット、ディレイ、同期状態をCSV形式でエクスポート

詳細監視レポートなどの資料作成が可能


- アラート通知機能

メール(SMTP)  SNMPトラップ   Syslog


- その他

DNS対応(スタブリゾルバ)   IPv6対応(静的割り当て)


 
 

このページの一番上に戻る