ITソリューション
UPS - 無停電電源装置 > APC UPS  > news -アンペール「Smart UPS」シリーズ自営保守が、APCジャパン公認に

APC製品の保守サポートにおける契約締結

~アンペールがAPCジャパン公認の「Smart UPS」シリーズの自営保守サービスを開始~


logo.gif

apclogo.gif
 

【Press Release】


 2009年11月18

報道関係各位


IT機器の電源、冷却、管理を含む物理インフラソリューションを提供する株式会社エーピーシー・ジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長:内藤 眞、以下 APCジャパン)と株式会社アンペール (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:草梛 高志、以下 アンペール)は、アンペールが販売するAPCジャパンの無停電電源装置「Smart-UPS」シリーズを中心とする、保守サポートに関する契約を締結しました。 これにより、アンペールは、アンペールの顧客に対して、APCジャパン公認の保守サービスの提供を開始します。



— 保守サービス概要 —

1.開始日:  11月18日


2.サービス内容:
アンペールが、下記対象製品に対して、APCジャパンと同等の保守サポートサービスを提供する


<主なサポート内容>

24時間365日 オンサイトサービス
翌営業日 オンサイトサービス
センドバックサービス

 

3. 対象製品:
・ Smart-UPSシリーズ
・ Smart-UPS RTシリーズ(8000VA、10000VA製品は対象外)
・ Smart-UPS XLシリーズ

 

アンペールは、これまでアンペールの顧客に対して、APCジャパン製品の販売、およびAPCジャパン製品の保守サポートを独自に展開していました。しかしながら、そのサービス内容はサービス対象地域、対象製品などに制限がありました。昨今のデータセンタやサーバルームでは、近年の経済不況の理由から製品リプレースサイクルが伸びており、その結果、UPSを買い換えるのではなく、現在利用しているUPSの保守を通じて、ミッションクリティカルなシステムを構築するニーズが高まっています。本契約によりアンペールは、こうしたニーズに対して保守サービスを提供していくことが可能となります。なおAPCジャパンは今後アンペールに対して新製品技術の提供や保守サポートのノウハウ提供など、継続した支援を通じてアンペールに貢献していきます。


本発表に伴い、APCジャパンの代表取締役社長 内藤 眞は、「今回の公認は、アンペール様が、APCジャパン設立以来『Smart UPS』シリーズの販売・保守に尽力いただいてきたことが、最大の理由です。引き続き、アンペール様のお客様への『Smart UPS』シリーズの普及・拡大、顧客満足度の向上を期待しています。」と、述べています。また、アンペールの代表取締役社長 草梛 高志は、「弊社の情報機器部門は1993年より一次販売代理店としてAPC製品の販売に携わっており、既にAPCジャパン様設立以前から、お客様のご要望により独自に保守サービス体制を構築し提供してきました。今回の認定は今までの実績と保守サービス品質が認められた結果と自負しております。これまで培ってきたノウハウに加え、APCジャパン様から認定を受けた自営保守サービス代理店として、保守サービスの充実とUPS製品の販売を通じて、APCユーザの皆様の満足度向上をはかります。」と述べています。 

今後は、両社で「Smart UPS」シリーズ利用企業の満足度向上に努めていきます。

以上

APCについて
APCは、2007年にシュナイダーエレクトリックの傘下であるMGE UPS Systemsと合併し、シュナイダーエレクトリックのCritical Power & Cooling Services事業部門となりました。同部門の2008年度の売上は26億ユーロ、世界中に1万2000人の従業員を擁しています。


APCは、無停電電源装置(UPS)、冷却装置、ラック、環境監視システム、デザインや管理ソフトウェアなどの製品および業界唯一となる電源・冷却・管理の統合ソリューション“InfraStruXure®”を、家庭やオフィス、データセンタ、工場などに提供しています。シュナイダーエレクトリックのCritical Power & Cooling Services事業部門の強みや経験、広大なネットワークを活かし、設計から導入、メンテナンスまでのソリューションと共に、ITシステムの可用性向上に貢献するエネルギー効率の高いソリューションを提案しています。
なお、シュナイダーエレクトリックは、11万4千人の従業員を擁し、 100カ国で事業を展開。2008年度の年間売上は183億ユーロです。APCの詳しい情報は、http://www.apc.com/をご覧ください

 

株式会社エーピーシー・ジャパンについて
APCジャパンは、1996年4月に設立された米国APC社全額出資の日本法人で、APC社製UPS(小中容量単相UPSおよび大容量三相UPS)、冷却機器、ラックなどの輸入販売、および保守サービスを日本国内で提供しています。同社の詳しい情報はhttp://www.apc.com/jpをご覧ください。

 

株式会社アンペールについて
1971年10月に設立。産業用制御機器に必要なソリューションを提供する産業機器、UPSやネットワーク機器などITインフラを提供する情報機器、語学教育システムを提供する文教システム部門と3つの分野を柱とした事業を展開しています。同社の詳しい情報は、http://www.ampere.co.jpをご覧ください。

 

全ての商標はその所有者に帰属します。本リリース内容は、記載された発行日時における情報です。

# # #

 

報道関係各位お問合せ先

株式会社エーピーシー・ジャパン

株式会社トレイントラックス(APCジャパン広報代理店)

担当:福地・小牧・稲田

TEL:03-5738-4177  FAX:03-5738-4178

MAIL:pr@traintracks.jp


または、株式会社エーピーシー・ジャパン

マーケティングコミュニケーション 担当:塩山

TEL:03-6402-2240  FAX:03-6402-2002

Email:Mutsumi.Shioyama@apcc.com

株式会社アンペール

 会社名:株式会社アンペール

担当名:情報機器営業部 営業推進G 金子

TEL:03-5330-6802

Email:kaneko@ampere.co.jp

  

一般各位からのお問合せ先

株式会社エーピーシー・ジャパン

コールセンタ

TEL:03-6402-2001  FAX:03-6402-2002
Email:jinfo@apcc.com

株式会社アンペール

TEL:03-5330-6802

Email:kaneko@ampere.co.jp

 

アンペール
株式会社アンペール情報機器営業部

http://it.ampere.co.jp
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-3 斉藤ビル
TEL: 03-5330-6802 FAX: 03-5330-7027

 
 

このページの一番上に戻る