ITソリューション
UPS - 無停電電源装置 > Vertiv UPS > Vertiv UPS | 管理ソフト

Vertiv UPS管理ソフトウェア


Vertiv(旧Emerson Network Power) UPS管理ソフトウェアMultiLink(マルチリンク)は、

信頼性の高いインバータ給電方式を採用し、ラインインタラクティブ方式のUPSと同程度の価格設定を

実現したオンラインUPS GXT3-Jシリーズの全モデルにバンドルされるUPS管理ソフトウェアです。

シリアルとUSBインタフェースの併用が可能で、UPS本体のみで2台のサーバシャットダウンが可能です。

またIS-WEBCARD(OPTION)によって最大20台までのシャットダウンが可能です。


UPS管理ソフトウェア
 

GXT3-JシリーズUPS監視・管理用ソフトウェア MultiLink


MultiLinkの特長

●ポップアップメッセージで警告メッセージを通知

●電源障害およびUPSローバッテリを検出

●UPS運転状態を表示(入出力電圧、入力周波数、負荷、温度およびバッテリ容量など)

●UPSの記録を行うことによりUPSの状態を動的に把握することが可能

●シリアルとUSBインタフェースの併用が可能でUPS本体のみご購入で2台のサーバシャットダウンが可能

●オプション製品IS-WEBCARDによって、最大20台までのシャットダウンが可能

●管理ソフトウェア MultiLinkは全てのVertiv GXT3-Jシリーズに無償提供されます。


<機能>

● UPSステータス表示 ● UPS設定 ● UPS操作● OSシャットダウン ● ポップアップ通知 ● イベントログ表示

● イベントベースでのコマンド実行 ※1 ● E-mail通知 ※1 ● データログ ※1

● Window版でのVMwareシャットダウン対応 ※1 ● Linux版でのUSB接続対応 ※1 

● Linux版での日本語対応 ※1

※1 MultiLinkV4.2.3/V4.2.4以降で対応




アンペール管理ソフトウェア動作確認OS

Version : 4.2.4Advanced日本版(Windows版)、4.2.3Advanced日本版(Linux版)

更新日:2015/7/22


OS名 OS Version OS Bit

JAVA(JRE)

備考

Windows

Windows Server 2003 R2 SP2 - 32 1.6.0_11

Windows Server 2008 Datacenter

SP2 ※1

- 32 1.6.0_11 Server Core以外

Windows Server 2008 Datacenter

SP1 ※1

- 64 1.6.0_11 Server Core以外
WindowsServer2012 Standerd ※1 - 64 1.6.0_11
WindowsXP Professional SP3 - 32 1.6.0_11
Windows7 Enterprise SP1※1 - 64 1.6.0_11
Windows8 Enterprise ※1 - 64 1.6.0_11

Linux ※2、※4

Red Hat Enterprise Linux 6.4 64 1.6.0_11 ※5 、※6

Red Hat Enterprise Linux

7.0 64 1.6.0_11

※5 、※6

Open_SUSE

12.3

64 1.6.0_11 ※5 、※6
SUSE Linux Enterprise Server 11(SP3) 64 1.6.0_11 ※5 、※6
CentOS 6.4 64 1.6.0_11

※5 、※6

CentOS 7.0(1503) 64 1.6.0_11 ※5 、※6
debian

7.1.0  ※3

64 1.6.0_11 ※5 、※6
Asianux 4 64 1.6.0_11 ※5 、※6
Oracle Linux 6(update4) 64 1.6.0_11 ※5 、※6
mandrive 2011 64 1.6.0_11 ※5 、※6
Scientific 6.1 64 1.6.0_11 ※5 、※6

 

Version : 4.2.1Fundamental(Windows版)、3.6.004Fundamental(Linux版)

アンペール動作確認済みOS   更新日:2013/12/11


OS名 Version OS Bit

JAVA(JRE)

備考

Windows

Windows Server 2003 R2 SP2 - 32 1.6.0_11
Windows Server 2008 SP1 ※1 - 32 1.6.0_11 Server Core以外
Windows Server 2008 R2 SP1 ※1 - 64 1.6.0_11 Server Core以外

Linux ※2

Red Hat Enterprise Linux 6 64 1.4.2_03

※4

CentOS 6.2 64 1.4.2_03

※4

Open_SUSE

11.4

64 1.4.2_03 ※3
mandrive 2011 64 1.4.2_03

※4

Oracle Linux 6.1 64 1.4.2_03

※4

Asianux 4 64 1.4.2_03

※4

Scientific 6.1 64 1.4.2_03

※4


※1 一部のポップアップ通知を利用する場合は、サービス設定の確認が必要です。

※2 Linuxは、デスクトップ環境(GNOMEまたは、KDE)とX Windows Systemが必要です。

※3 ランレベルの再定義が必要になります。

※4 GNUL ibrary(C/C++Runtime等32bit版)や、拡張用X Libraryが必要です。

      詳細はソフトウェア要件をご参照ください。

※5 通知機能のオンスクリーン表示はできません

※6 オンスクリーン通知及び、ブロードキャスト通知の日本語表示はできません。

 

 

MultiLinkソフトウェア要件
 
共通事項
X86/X86-64 プロセッサ(333 MHz Intel Pentium II-class processor)
ディスクの空き容量100MB(インストール中は /tmp 領域に150MB の空きが必要)
マウスなどのポインティングデバイス
TCP/IP ネットワークプロトコル
SNMP プロトコル(IS-WEBCARD との通信に必須)
256 カラー以上に設定されたディスプレイ・アダプタ

Windows版

RAM 容量

 Windows Vista、Server 2008、7、8、Server 2012 の場合1GB

 Windows 2000 Server、Server 2003、XP Professional の場合512MB

 Windows 2000 Professional の場合256MB

VMware 対応(MultiLink  Ver4.2.4以降のみ)

  ・MultiLink インストールサーバ

    ゲストOS が搭載されるVMware Server とは別の物理マシン 

     ※MultiLink Ver4.2.4対応のWindowsマシンを意味します。

     Microsoft Windows PowerShell ver2.0 以降

     VMware vSphere PowerCLI ver5.0 以降

     MultiLink と通信できるUPS が必要

     PowerShell script が信頼できる証明書をセットする必要あり

 

  ・Virtual Server

     VMware ESXi ver4.1 又は ver5.0 Hypervisor server

     vSphere license (system)がインストールされている

     VMware tools がゲスト OS にインストールされている

     管理者権限(root)で vSphere にログインできること

 
Linux版

カーネルバージョン

  2.6.27 またはそれ以降(MultiLink  Ver4.2.3)

  2.4.18 またはそれ以降(MultiLink  Ver3.6.004)

必須32bit共有ライブラリ(32bit 版)

  ・GNU C /C++ Runtime Library

     glibc (usually /lib/libc.so.6), ver 2.9 or later (MultiLink Ver4.2.3)

     glibc (usually /lib/libc.so.6), ver 2.2.4 or later ( MultiLink Ver3.6.004)

     libstdc++ (usually /usr/lib/libstdc++.so.6),version 3.4 or later(MultiLink Ver4.2.3)

  ・libXext (usually /usr/lib/libXext.so.6)

  ・libXi (usually /usr/lib/libXi.so.6)

  ・libXtst (usually /usr/lib/libXtst.so.6)

System V 方式でサービス(デーモン)を管理するLinux ディストリビューション

  ※これは、/etc/rc.d あるいは、単に /etc([例] /etc/rc.d/init.d)内にある

    init.dディレクトリ及びいくつかのrc0.d/rc1.d ・・・ディレクトリを使用する。

RAM 容量

   32bit 版Linux の場合512MB

   64bit 版Linux の場合1GB

KDE またはGnome デスクトップ環境のX Window System

このページの一番上に戻る