ITソリューション

OMRON 保守サービス付きUPS

FA・産業機器市場で培った厳しい品質基準・信頼性基準
300~3000VAに特化した豊富なラインナップから用途に応じて選択可能
 
 

保守サービス付きUPS

 
オンサイト保守のメンテナンスパートナー

オンサイト保守パック付製品をご購入いただくことにより、メンテナンスに時間をとられる
こともなくなり、またバッテリ交換も手間をかけずにすばやく行うことができます。
アンペールはOMRON UPSのオンサイト保守のメンテナンスパートナーです。
UPSとオンサイト保守がセットになったオンサイト保守パックもアンペールのサービスが
提供されます。UPSの可用性を更に高める為、アンペールは独自の充実したサポート体制でお客様の『安心』を強力にバックアップします。

 

-保守パック  3年,4年,5年のオンサイト保証とUPSのセット-
このサービスはスポットサービス・年間契約より価格メリットがあり、バッテリも含め期間中何度でも追加費用なく対応致します。

 
【サポート フロー】
【サポート フロー】
1お客様より障害コールを受け付けます。
2保守契約を確認します。
3 交換品を翌日もしくは翌々日にお客様サイドにお届けします。
4 交換品到着翌日にエンジニアが作業します。
5 障害品回収にお伺いします。

※コールセンター受付:祝日、弊社の定める休日を除く月曜日-金曜日 9:00-17:00
※エンジニア作業時間:祝日、弊社の定める休日を除く
月曜日-金曜日 9:00-17:00(作業完了)
上記時間帯以外での作業ご希望の場合、別途割増費用が発生いたします。
 
 

ご購入・申込み方法について

ご購入・申込み方法について
 

【1】 「OMRONオンサイト保守パック付無停電電源装置(UPS)」を弊社アンペール又はオムロンUPS販売店よりご購入ください
【2】 製品がお客様先に納品されます。
【3】 製品がお手元に届きましたら、ご購入より10日以内に同梱されている【ユーザ登録シート】をご記入後、アンペールへFAX送信していただきます。
また登録作業の迅速化の為、ご購入日のわかるもの(送付状、納品書 等)を一緒にFAXいただけますようお願い致します。
※上記手続きをされない場合、ユーザ登録が完了できない為本サービスを
ご提供できない可能性もございます。
FAX:03-5330-7027  (株式会社アンペール 保守サービス登録係)
【4】 【ユーザ登録シート】を受領後、登録手続きが完了しましたら、【オンサイト保守証明書】をお客様宛に送付致します。こちらは控えとなりますので、大切に保管して下さい。また、お申込いただいてから2週間以上経過しても「保守証明書」が届かない場合は、お手数ですが、アンペールまでご連絡下さい。

TEL:03-5330-6802 (株式会社アンペール 保守サービス登録係)

 
 

障害発生時の修理依頼方法

【1】 下記コールセンタまでご連絡下さい。
※お問い合わせ・故障時連絡先 (コールセンタ)
TEL:0120-680-020/FAX:03-5330-7027 (株式会社アンペール コールセンタ)
受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00 (但し、祝祭日およびアンペールの定めた休日を除きます)
※コールセンタでは、まずはじめに障害内容の切り分けを致します。迅速な対応の為、お問い合わせの際には事前に以下の情報をご準備下さい。尚、現地での切分け作業は行なえませんので予めご了承下さい。


<ご確認させていただきたい内容>
【1】 【オンサイト保守証明書】の「保証書番号」
【2】 無停電電源装置(UPS)本体の「製品型式」および「シリアル番号」
【3】 無停電電源装置(UPS)の障害発生状況
【2】 コール受付後当日にお客様へ交換用無停電電源装置(UPS)を発送します。
【3】 交換用無停電電源装置(UPS)がお客様のもとへ到着確認後、翌営業日以降に交換作業を行ないます。但し、15:00以降のコール受付につきましては翌営業日の出荷対応とさせていただきます。
【4】 交換作業後の障害品は、作業担当者が、アンペール指定場所へ着払にて発送手続き致します。

 
 

ご注意

サービス対象は本体とバッテリです。
アクセサリおよび電源管理ソフトウエアは含みません。
オンサイト保守パック付UPSには、バッテリ交換ランプ点灯時のバッテリ交換は
含まれます。但し、バッテリ交換ランプ点灯前の交換は対象外になります。
無停電電源装置(UPS)本体の定期点検及びバッテリの定期交換は
含まれません。購入年月日が不明な場合、保証期間は製造日からとなります。
 
 
詳細はメーカページをご覧下さい。
OMRON オンサイト保守サービス
オンサイト保守パック
 
 

このページの一番上に戻る